憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい

雇用形態をチェック

憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい
転職を目指すのであれば、雇用形態をチェックしておくことが重要です。
ブランド業界と言っても、当然企業が中心となって市場を形成しています。
生産者側で働くのであれば、やはり、どういう雇用形態になるのかを知っておき、条件などもきちんと理解しておくべきでしょう。
では、雇用形態には、どのようなものがあるのでしょうか?
まず、日本では、大きく二つのものに分かれます。
一つは正規雇用であり、もう一つが非正規雇用です。
正規雇用とは、正社員雇用でもあり、無期雇用とも呼ばれます。
終身雇用制と一体となったものであり、かつての高度成長を支えた働き方でしょう。
しかし、1990年代初頭のバブル崩壊により、正規雇用にも変化が出て来ているようです。
それと呼応すると言えるのが、非正規雇用です。
正規雇用とは異なり、有期雇用であり、一時的な派たらい方となります。
代表的なものでは、契約社員、派遣社員になるでしょう。
契約社員は、企業に直接雇用されますが、契約に定められた範囲以外は認められません。
仮に一年間の雇用が決まっているのであれば、協議などで延長が認められない限り、同じ職場で働き続けることは、困難でしょう。
一方、派遣社員も、雇用期間などに制限があり、長期雇用と言っても、3ヶ月以上が一般的です。
しかし、最大の違いは、雇用先と就業先が異なることです。
あくまで外注であり、就業先から見れば、取引先の一員であることに変わりはありません。
以上、雇用形態の簡単な説明となりますが、どういう働き方が自分に合っているのかを十分見極め、応募などをすべきでしょう。

関連リンク

Copyright 2017 憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい All Rights Reserved.