憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい

書類と面接

憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい
企業で働こうと思えば、必ず行うべきことがあります。
それが書類作成と面接です。
ブランド業界で働きたい場合も、同様となっています。
書類とは、履歴書と職務経歴書になり、どちらも自己紹介とも言えるでしょう。
もっとも、履歴書の方が、自己紹介に近いと言えます。
学歴と職歴が中心となりますが、どちらも年表形式で作成します。
箇条書きで簡易的にまとめたものであり、それら以外に住所などの個人情報を併記します。
かつては、履歴書は手書きで、という風潮がありましたが、デジタル時代の今では、ワープロ文書でも問題はありません。
一方、職務経歴書は、その名の通り、それまでの職歴を記載したものです。
しかも、履歴書でまとめた職歴を詳細にしたものです。
就業順に並べ、どこでどのような職種に就き、何をしたのかを明記します。
できれば、どのような効果を与え、どのような影響を受けたのかも記載すべきでしょう。
ただし、詳細だからと言って、ダラダラ書いては、あまり良い印象を与えません。
詳細かつ簡潔、というのが、基本的なことでしょう。
また、面接は、担当者との間で行われます。
企業によっては、3次まであり、最終面接では経営者と顔を合わせます。
一般的には、3次まである面接は2次で最終決断がなされているとのことです。
しかし、それはあくまで一般論であり、自分のケースに当てはまるとは限らないでしょう。
面接で最も重要なことは、コミュニケーションがスムーズであるか否かのようです。
企業で働くとは、結局のところ、共同作業であるからでしょう。

関連リンク

Copyright 2017 憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい All Rights Reserved.