憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい

外資系にチェレンジ

憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい
1990年代初頭のバブル崩壊を機に、外資系企業の日本参入が増加したとも言えるでしょう。
また、ITブームにより、多数の外資系IT企業も日本でビジネス展開し、今では外資系企業への転職なども、当たり前の選択肢となっています。
ブランド業界においても、こういう外資系企業が多数あります。
もっとも、ブランドと言えば、ヨーロッパをイメージすることから、外資系企業が中心と言っても、過言ではないでしょう。
したがって、ブランド業界で働きたいのであれば、外資系企業へチャレンジすることも、大事な選択肢となるでしょう。
しかし、外資系企業と言えば、やはり、英語が気になるかと思います。
結論が言えば、英語があればそれだけビジネスチャンスも増えるでしょうが、ケースバイケースで必要か否かが決まるようです。
たとえば、バイヤーのような仕事であれば、海外とのやり取りも発生する可能性があるため、英語が必須と言えます。
しかし、主に技術系であれば、英語よりも技術に関するスキルが重要であり、英語が二の次の外資系企業もあります。
ただし、繰り返すようですが、これはあくまでケースバイケースです。
本社が英語圏であれば、当然英語を使ったコミュニケーションが発生する可能性があります。
最低でも、英文メールでのコミュニケーションができるような英語力が必要でしょう。
なお、外資系企業へ転職したいのであれば、専門エージェントがあります。
エージェント自体も外資系企業であることが一般的であり、これもまた、餅は餅屋ということでしょう。

関連リンク

Copyright 2017 憧れの仕事 ブランド業界への転職が知りたい All Rights Reserved.